ドラゴンボール超 感想

[HOME][blog]
■第1話 平和の報酬1億ゼニーは誰の手に!?

ドラゴンボールの力によって"魔人ブウ”の記憶が人々から消え去り、さらに月日が流れた地球。悟空は、チチの言いつけで働くことになって農業をしつつもさぼりながら修業の毎日。そして結婚したての悟飯とビーデルは幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、ビーデルさんに結婚お祝いを贈ろう!とトランクスに相談する悟天。チビッコ二人は、お金をかけずに手に入る「とあるもの」に注目するが!?一方、世界を2度救った事になったミスターサタンは、世界平和賞を受賞する。そのミスターサタンは、悟空へ会いに向かった。果たしてその目的は一体!?
  • 悟空が仕事している!(農作業?) こんなの悟空さじゃねえだ。
  • でもすぐ仕事ほっぽり出して修行に精を出す。良かった、おら達の悟空さだ。
  • 恐妻チチは相変わらず。悪意を感じられほどに老けているのはどういう意図なのだろうか。
  • 新しい敵? ビルス様の登場。グルメらしい。CVは山寺宏一。指一本で星をぶっ飛ばす。戦闘力のインフレを感じさせる。
  • ミスターサタンと魔人ブウの関係はGTの設定を踏襲。マスコミや世間はサタンの友達としてのブウの存在をまだ認知していなかったらしい。
  • 悟飯とビーデル、もう結婚してた。新婚で初々しい。その様子を不満そうな表情を浮かべながらも見守るピッコロがかわいい。
  • 悟天とトランクス、新婚の二人に結婚祝いのプレゼントをあげるために宝石店へ。マナーを知らない悪ガキぶりを見せる。
  • 宝石は諦めて、化粧水代わりの温泉をゲットしに向かう。そこで謎の怪物に襲われて見事撃退。やっぱり子ども心を掴むには同じ子どもを活躍させないとね。ドラゴンボール最初期の頃のような懐かしい雰囲気を醸して昔からのファンの心もくすぐってくれる。
  • 温泉はただの水だったけど、効いてる振りをしてみせるビーデル。優しい。
  • サタン、世界平和大賞をゲット。賞金の1億ゼニーを悟空に渡す。やっぱり金持ちや権力者とは仲良くなっておくに限るという教訓を第1話からシビアに含ませる。
  • もうこれで働かないで界王様のところに修行に行っていいかとチチに打診する悟空。チチ、上機嫌であっさりOKを出す。チチももう完全ないじられ役であることを実感。

  • inserted by FC2 system