脳卒中患者と夢の市原市日記2017

[HOME][日記メニュー][blog]
12/31
今年は僕にとって珍しく色々な事があった年だったので、今はあまりピンと来なくても、将来老いを迎え、過去を反芻しながら生きる時間を過ごすことがあれば、その時に、幸せな時間だったと振り返る可能性がある1年であったと思います。

それでは皆様、良いお年を。

12/30
もし自分が何かの間違いで人を使う立場になったりしても、こういう想いを忘れないようにしたいと思います。
しかし、具体的にどうすればいいんでしょう。人の見ているところでは寿司を食べないか、全ての人に寿司を配るか(そんな金がどこに)、過剰なエクスキューズをつけて食うか(飯がまずくなりそう)。

寿司はどうでもいんですけど、いや、どうでもよくねえけど、内のようでいて、僕たちは間違いなく外の人間であると強く刻まれるシーンをうまくオブラートに包む方法は何かないものかなと考えさせられますね。

とりあえず僕も負けじと寿司を取ろうかしら。

12/29
仕事納め。僕の主治医が言うには帝京には暮れも正月もないとのことですが、ここには暮れも正月も存在しておりました。

昼食に前日スーパーで買っておいたレンジでチンするだけでOKな400円の鴨そばを啜る。
28日に仕事納めとなり、寿司の出前を取って、皆で食べたという医療従事者とはえらい差ですが、不思議なもので、この差が自分に胸を張らせているような気もします。

12/28
町会長1年目の時、同じ1年目の町会長からえらく批判され、自分も思わず喧嘩腰なりそうになったことがあったけど、この前の忘年会で、2年で任期を終えるというその町会長と話をし、勿体無いですね○さんぐらい出来る人が他にもいるんですか、と半分本気半分世辞で、もしかしたら向こうには皮肉がこもっているようにも聞こえたかもしれないのですが、そう言ったら、誰でも町会長を務められる町会にしていくと答えられ、ハッとしましたよ。自分も散々会議等で似たような話をしてたはずなんだけどなあ。

長く町会長をやればいいってもんでもないですね。

12/27
放送大学の通信指導の結果が届きました。
ちょっと不安なできだったんですが、無事3課目とも単位認定試験へと進めるようです。

12/26
クリスマス明けの職場にて業務スーパーで買った750円ぐらいの直径20cm冷凍クリームブリュレタルトと100円のシャンメリーで一人何かに乾杯してました。

業務スーパーの冷凍タルト、初めて食べましたが、タルトがしっとりし過ぎていてサクサク感がなく、食感と共に紀聞もしんなりとしてくるのが残念です。
冷凍の食品を自然解凍で食べている点と値段を考えれば仕方ないのかもしれませんが、オーブンで焼いたりするとまたちょっと違ったりするのかなあ。

12/25
市原市内の町会長は大体みんな1年か2年で交代するんですよ。皆さんがお住みになっている地域の自治会でもそうなっているでしょう? ほとんどが務めても連続2年まで。
3年以上も務める人は、町会長全体の1割以下、そしてその1割に入る人たちに元教師やら大企業の支社の元管理職やらの肩書を持つような人たちがズラリと並ぶ中で、間違いなく僕が一番クズだと確信しております。

12/24
クリスマスイブ。昼は業務スーパーで冷凍食品を買い込み、夜はちはら台の洋菓子店「ペルル」のケーキを食べながら一人楽しくフォールアウト4と御城プロジェクトをプレイしてました。

ほら、アイドルや声優じゃないこんな僕でもクリスマスに恋人がいないアピールをすることで安心する人が中にはいるかもしれないじゃないですか。
そして、もしかしたらそういう人たちの支えで町会長を無事に務めることが出来ているのかもしれません。なんてったって我々は嫉妬の海を泳いで生きているといっても過言ではありませんからね。

そんな僕だからか、来年度も町会長をやることになっております。なお、クリスマスはしっかり仕事を休んでおきました。

12/23
先日転んだ時の怪我、実は結構ひどくて、相当腫れていたという打撲状態だったんですが、それもようやく腫れが引きました。内出血の後のような赤みや黒ずみはまだ少し残ってますが、それとて立ってるだけで痛みが走った頃に比べれば、だいぶ良くなっており、夏の市民まつりの準備の際、テント設営で爪の中心をパックリと割ってしまったところも、伸びる爪に押し出されるような形で跡が消えつつある状態と合わせて、自分の状態が少しずつ良くなっていることの悦びを噛み締めております。

12/22
小域福祉ネットから1/28に見守り支援員(そういえばそんなの登録してました)を対象としたフォローアップ講座をやりますよ、ついでに八幡屋で1000円の昼食会もやっちゃうよという通知が来ました。
八幡屋で1000円のランチとはどんなものなのか興味があるので参加したいところだったのですが、残念ながら28日は放送大学の単位認定試験なので欠席させてもらうことに。

12/21
体調がかなりよくなったのでオナニーしてました。パソコンの中身を見られたら生きていけないので、彼女が出来ても携帯とか覗かないようにしようと思いながらね。まだ意識が朦朧としているのかもしれません。
あなたは自分の彼氏や夫がマスタベーションをしていることを受け入れられますか?

12/20
体調がだいぶよくなったのでフォールアウト4をやっていました。
あなたはカニバリズムを受け入れられますか?
生きてこその世界ですね。

最初こそとんでもないつまらなさに感じて、ベセスダの会議はどうなってるんだとパソコンの前で勝手に憤慨した拠点づくりにも今じゃ新しい場所を訪れる度に目を皿のようにして電気回路と銅を探し回るほど夢中になってます。
サンクチュアリの既存の建物の屋根は修復出来ないのかなあ……。

12/19
病み上がりのまま仕事。
昼食に食堂で豚肉のディアブルとかいうノンフライヤーで揚げたカツレツみたいなのを頂いたんですが、いつもならペロリと平らげてちょっと物足りなさを覚えるぐらいの職員食堂の食事がこの日は完食するのもしんどいほどでした。

12/18
発熱のため、一日中、布団の中でぐったり。
ポカリ500mlぐらいしか口に出来ませんでした。薬も飲めなかった。たぶん、10錠ぐらい飲めなかった。

12/17
今シーズン、ここまでまだ風邪を引いてなかったのですが、ちょっと風邪気味になってしまいました。

12/16
主治医と云えば、STのKさんと僕の主治医の見た目がすごくよく似てるんですよ。
性格はたぶん、Kさんのほうが穏やかで腰が低いんじゃないかと思うものの、近くに行く度に震えてます。
近くに行く機会あるのかよというところなんですが、Kさんはいつも夜遅くまで残って仕事をされている方として有名で、もしかしたら見た目だけではない僕の主治医と共通の何か狂気のようなものを孕んでいるのかもしれません。
もっとも、僕の主治医は定時で帰っているかもしれないし、そもそもSTであんなに遅くまで残る人とそうでない人の違いすら分かりませんけど。
医者なら当直でもないのに自主的に泊まり込みをしているような人が中にはいるし、その意味も分からないではないのですが。

12/15
しかし、脳卒中で倒れたあの日から2年、何かが僕を治療させようと必死なようです。
いや、ただ転んだだけなんだけどさ。

こういうケースって処置室に行った場合、主治医にも連絡行ったりするもんなのかなあ。
どうもね、色々な事が頭をもたげてきます。

12/14
なんと、先日怪我した際に使用した救急箱は災害時にしか使ってはいけないものだったようです。

医療安全管理室から注意を受けましたが、幸い大きな問題にならずに済みました。
こういう場合は処置室に行き、処置室が閉まっている時間帯に止むを得ず使用した場合はすぐ当直師長に連絡をするようにだそうです。

仲間を売るような見苦しい言い訳をさせてもらうと、あの救急箱を開けたのは僕ではなく、僕の怪我を見かねた同僚が勝手に開けたんですよ。僕はいいって言ったのに。え、お前最低だって? 僕もそう思う。僕が信用してないのは医療だけじゃないという話でした。そもそも僕が拒まず素直に処置室へ行っておけばいいだけの事だったんですけど。

12/13
おゆみ野にある湊寿司で1350円のランチおまかせにぎり寿司を頂く。
茶碗蒸しと味噌汁にサラダまでついて1350円という値段が信じられないぐらい本格的なお寿司に舌鼓を打ちながら、僕もせめて食うものぐらい格好つけなくてはと思うのでした。
鮪のサシというか滑らかさがね、閉店間際のスーパーに駆け込んで買う3割引きのものと全然違うの。

12/12
職場での防災訓練。僕は見学させていただきました。もうこういう機会はないかもしれませんしね。

あれだけ念入りに打ち合わせした割にはなかなか酷い出来に終わってしまいましたが、ま、無理ですよ。こういうところでだけいいところを見せようとしても、向こうは人を観察して研究することで飯を食っている連中だから、付け焼き刃が通用するわけありませんわな。いや、意外と世間知らずだから小手先で騙せちゃうのかもしれませんが。

でも、残酷なもので、外から見てるとさ、当直医や当直師長のやってることだって、大して気が入っておらず、ママゴトに写るんですけれど、それでも、他の人間より映えますもんね。生き様が違うというか、肩書を取っ払った時でも人間の質の差を感じさせ、頼もしさに繋がっていたのだから、人を救うのに貴賎は関係あるもんだとつくづく思わされましたよ。

12/11
ユニモのいきなりステーキが未だにいつも行列が出来ているっぽいんですけど、皆さん、ワイルドステーキ食べるならフードコートのペッパーランチじゃあかんのですか。
僕は切り落としの乱切りカットステーキというのを食べてみたいみたいので、並ばなくても済むペッパーランチの方でも出してほしいです。

12/10
更生保護女性会主催による講演会。
いっぱいになった会場の参加者のほとんどが、どこかで顔を見たことがある役付きの人ばかりでした。

内容は薬物乱用についてをテーマに警察が用意したDVDを視聴したぐらいだったとはいえ、社会には支援を必要とする人が多くいて、要支援者を支援する組織や個人にもまた多大な支援が必要であることを強く感じさせられるほどに、いまひとつ頼りなさというか、儚げであった更生保護女性会の面々は、しかしあれだけ動員に執着して、多くの人を巻き込めるのだから大したもんです。やはり相当な強引さや使命感のようなものがないと不良の世話なんて出来ないんでしょう。

12/9
自転車での通勤途中に凍結した道路でスリップし、怪我をしてしまいました。
労災もおりるだろうからと処置室に行くことを勧められたんですが、よく考えたら、僕本当は自転車で通勤しているのに職場にはバスで通っていると申告して交通費もらっているやんということで、院内のあちこちに設置してあるウエルパス(手消毒液)と救急箱の中に入っていた粘着パッドで患部を何とかすることに。

12/8
今は大体どこの病院もそうだと思うんですけれども、うちの職場も敷地内全面禁煙というやつでして、あるシーズンになると看護師長が禁煙ポリスとして熱心な取り締まりを行っております。

その甲斐あってか、院内の喫煙は全くありません。いや、本当をいえば患者だろうけど、トイレで吸っている人もいるらしく、その吸い殻がゴミとしてちょこちょこ見つかっている状態ではあるのですが、しかし少なくとも職員についてはちゃんと敷地外に出て吸っています、たぶん。意外と休憩室で吸っている人もいるかもしれないけど、でも吸わない人はすごくタバコの臭いに敏感ですからね。女性がほとんどの職場ですから、化粧や香水の匂いは通っても、タバコと汗の臭いは通らないんじゃないかと。

医療機関で働く人間でも吸っているのがいることに驚く人もおられるかもしれませんが、恐らく他の職場などに比べれば全体から見た喫煙者の割合はかなり低く、実際に医療に従事する職ではほとんどおりません。
外でプカプカしているのはほとんどが男性であるものの、わずかではありますけれど、中には女性で吸っている方も存在し、この季節に寒空の下で、コーヒー牛乳のパックやスマホをアスファルトの地面に置いて座りながら吸っているのを見るのはなかなか痛々しさが伝わってくるもんですよ。

タバコを吸う側の自業自得といえばそれまでですけれど、どういう理由であっても寒空の下、敷地外というところにまで追いやっている場面が存在することを胸に刻みながら防犯指導員を務めてみようかと思います。

しかし、これが男だったら何も感じないのだから僕も大概女好きですね。

12/7
町会長の皆さん、こんにちは。
防犯指導員の選出、順調ですか?,BR> うちの町会は定例役員会に於いてクジで決めることにしたんですが、そのクジで最後まで引かなかった僕か欠席した組長のどちらかがアタリとなったところで話し合いをした結果、後は来ていない組長にお願いをしてみて、駄目だったらまた考えましょうということになったんですが、もう選出の期限も迫っているし、この組長が駄目だったら僕しかいないじゃんという状況です。

僕だったかもしれないクジだから、今はもう本当に月1回程度の会議とパトロールぐらいで済むのなら、これを受け入れる覚悟は出来ましたけど。

12/6
先月のことになりますが、職場で実施された職員向けのインフルエンザ予防接種を受けませんでした。
受けていないことを確認されたぐらいで、別に問い詰められたりはしてないとはいえ、公衆衛生などを考えたら本当は受けたほうが良かったのでしょう。

いやー、僕も痛いのは苦手でしてね。どうしても注射が駄目なんです。しかしですね、予診票に記入しない、口頭でも一切答えない、それでも打ってくださるというのであれば、全てをお任せしたい。
そんな中二病じみた妄想に耽りながら、本当はどうして受けなかったのだろうと時々考えることがあります。

12/5
スーパーで売られているインスタントのナンはトースターでしっかり焼いても食感やテイストが店で食べるものとは全然違うので、これなら食パンかレトルトごはんで良いのかもしれません。
パン屋の食パンとまでいかなくとも、ホームベーカリーで適当に焼いただけでいい具合にもっちりしたものが出来ますからね。

12/4
月に1度の体重測定。体重は60.3kgで前月から−0.1kg、体脂肪率は13.8%で同−2.1%でした。

飲み会にも負けず、体脂肪率が下がりました。時々食べるオートミールの効果がどの程度あったかはよく分かりませんが、ランニングを再び習慣づけたことはとても大きい効果があったのではないかと思います。

12/3
しかし、あの昇格戦、全国地域サッカーチャンピオンズリーグでしたっけ?
3日連続の3戦という日程と、90分で決着つかなかった場合のPK負けでも勝ち点が入るというレギュレーションはなんとかならんのでしょうか。
あれじゃ、ほとんどの選手がコンディションを良好に保つのが難しいでしょうし、どうしても守備的になりがちなのも併せて、試合がエキサイティングではなく、折角観に来た観客をがっかりさせてしまうのでは。

12/2
今年最後の町会内定例役員会。
先日の昇格戦で全てPK負けを喫し、JFL昇格とはならなかったVONDS市原から昇格に備えて町会に著名協力のお願いが来てましたが、この著名の集まりが悪いの何の。

VONDSを運営している永野病院グループのグリーンホーム(特養)における夏祭りでもう著名はしたとか、VONDSは負けると思ってたからしなかっただの、後援会長で前市長である佐久間さんが嫌いだの、そもそも組長の中に著名の用紙を渡されていたことを忘れていたとか、年末で忙しかったとかエトセトラエトセトラ色々酷かったんですけど、自分がしっかり伝達できていなかったのが一番悪かったのでしょう。

もっとも、役員じゃなかったら自分も著名してないでしょうし、ましてやこういう任意であることを本当の意味で強調してもいいのではないかというものにまでとやかく言うべきじゃないと結果を受け入れ、わずかしか集まらなかった著名を支所に持っていくつもりです。
実際、ほいほいこういうのに安易な著名をしてしまう人間が多くいる町会とシニカルになって距離を置く人間が多い町会のどちらの方がいいかなんてわかりませんからね。

12/1
八幡屋にて地区町会長会忘年会。
事前の予想に反して、松野博一衆議院議員は本人が来られ、逆に岡島一正衆議院議員の方が本人ではなく、代理で秘書の方となっておりました。

仕方ないとはいえ、市長と衆議院議員が箸をつけるかつけないかで早々に帰られ、それ以外の議員も皆中座するなかで、県議の山本友子さんが最後まで残られていたのはよほど暇なのか、それとも市津に親しい人達がいたのかわかりませんが、いずれにせよ驚きましたね。

11/30
通院の後、病院の近く、といっても2kmぐらいはありますが、そこに店を構えるエリソンという洋菓子店でクリームブリュレ500円とクッキー・ガレット・サブレなどの焼き菓子を購入しました。

クリームブリュレは、スーパーとかで売っているメイトーの焼きプリンを高級で少し複雑したような味わいで、陶器が値段のほとんどを占めているんじゃないかというぐらい僕の舌にはピンと来ませんでしたたが、焼き菓子系はブランデーのようなコクや香りがビターなテイストと共に口の中で広がり、なかなかシャレていて新鮮さと驚きがあります。

来年2月一杯で今の職場を去る際に副看護部長のFさんに9ヶ月遅れで渡すお返しはここのクッキーかサブレでいいかなあ。ガレットはねえ、ちょっとボロボロ落ちる気がしましたが、もしかしたらあれが女性にはウケるのかもしれません。
最終的には自分がいいと思えたものを差し上げたいとは考えているんですけれども。美人投票に参加するわけではないのですから。

11/29
結局フリーランチは存在せず、臓器の検査は有料で、次回再びの血液検査と共に行うとのことです。
そのことを申し訳なく思ったわけじゃないでしょうけど、随分熱の入った診察でした。
次回の通院が3月半ばなのは残薬との兼ね合いでしょうけども、時期などを考えるとこのあたりで主治医の交代もあるのかもしれませんね。僕が続いたぐらいだから、素敵なドクターだったのだと思います。

11/28
通院日。
ほぼ徹夜でフォールアウト4のMOD探しに熱中していたので、血液検査がどうなるかと不安でしたが、特に問題はなかったようです。
あえて問題あったとすれば、寝不足のためにボーっとしていた上に頭の中がフォールアウト4のことでいっぱいで診察室に呼ばれてもそれが自分の番号だと気づかずにしばらく主治医を待たせてしまったことと、診察までの待ち時間に仕上げた期限ギリギリの放送大学の通信課題がボロボロの出来で、課目1つぐらい落として試験受けられない可能性があるということでしょうか。全てが許されることを願っております。ドジも愛嬌と笑って(林原めぐみ)。

フォールアウトはフォールアウトであんなにMOD探しに時間を費やしたのに、いざキャラクターに装備させてみたら透明になってしまいました……。
いいの、MODを探している時間が一番楽しいのだからと思いながら現在は原因究明に努めています。

11/27
通院前日。
STEAMでセールやってたフォールアウト4を買う。

11/26
成人式実行委員会。
役員として参加した数人の新成人の方を見ましたが、若いと若く見られるってのはやはり違いますよ。肌の艶やキメの細かさがね、もう雲泥なの。遠目で分かるほどの差でした。

しかし、成人式って準備含めたら前日から出ていかなきゃならんのですって。
僕の時もそうだったんでしょう。新成人の皆さん、式の準備って意外と大変なんですよ!
いや、僕は行かなかったクチだし、今までそのことを後悔したこともあまりないんですけど、こう準備に対してディープに関わっちゃうと折角だから多くの人に来てほしいという想いが欠席する人への非寛容を伴う狭量的に湧き、どうもかつての自分あるいは自分と重なる人を裏切っているようで、居心地がよくないですね。

新成人の出席率は漸減傾向にあり、近年は7割前後で推移しているようです。
僕の時は8割ぐらいの出席率だったのかなあ。かつて欠席した2割の内の一人として、新成人を祝いつつも、一方では自分はもう2割の側の人間ではないのかの確認を兼ねさせてもらいながら成人式がどんなものか見せてもらうことにしましょう。

11/25
このあいだの評議会の部会では一言も花さなことを気にして頂いて申し訳なかったです。
あれはですねえ、例えば町会加入促進についてのリーフレットの印刷費用を市が持ってくれるかどうかの話し合いなんてのは結局市役所や理事会マターなので口の挟みようがないと思うんですよね。

ただ、正直に言えば、部会そのものついてはゆっくりではあるものの着実に話し合った結果として前進を見せているとはいえ、原則1地区代表1名で構成して人数を絞るなど改革が必要かなあとぼんやりと考える機会が多く、リーフレットがどうの三者協定がどうのというのが自分の頭の中で飛んでいました。とはいえ、部会のもう一つの目的として、各地区間の実情をやりとりするなど評議委員同士によるコミュケーションの機会を増やすということがあると考えれば、確かに貴重で有意義な場ではありました。

11/24
スマホ版『どうぶつの森』でいつか美少女と出会うために苦行と思える単調作業を繰り返すのはあっという間にギブアップし、素直に城プロでガチャ回すことにしました。
その城プロなんですが、スマホで全然キャッシュされず、起動する度に全部ダウンロードし直すもんだから、あっという間に通信量上限の月5GBに達してしまいましたとさ。

でも、僕が全然使いこなせてないせいかスマホなくてもあんまり困らないもんですね。Runtasticの使用と株価チェックが出来ない点が気になるぐらいでしょうか。

11/23
ここ数日、あばらから脇腹あたりがまるで肉離れのように痛み、歩くのすらやっとで誰かに助けてもらいたくて仕方がなかったんですが、今はもうだいぶ痛みが引き、どうでもよくなりました。恐らくオーバーワークか寝違え、もしくは風邪だったんじゃないかと考えています。
しかし、あの痛み、あばらの一本でも折れてるかガンなんじゃないかと心配になりましたよ。心の臓にまで痛みが響くんですもの。

これも含めて、最近、自分がどうして治験に参加したのかや一度座ったら二度と立ち上がれなくなるのではないかという感覚と恐怖を思い出させるような機会によく巡りあいます。

11/22
市町会長連合会の評議委員会と忘年会。いちの膳で行われた忘年会ではビールと芋焼酎の水割りを結構飲んじゃいました。
将来、糖尿になった時のことを考えて、血液検査の結果が悪くても優しくしてくれる医師を探そうと思います。

僕の職場にも糖尿がいるけど、なにかあると配偶者とセットで呼び出されて怒られるってもの。
でも、話を聞く度に二型糖尿の相手をするのは大変なもんだと医療従事者に同情してしまいますね。ただ話を聞きながら他のこと考えてるだけの僕ですら大変だから。

11/21
8月の終わりのこと、小児病棟に入院している子ども達向けに花火大会が開かれたことがあります。
入院している小児の状態は色々で、中には花火を楽しめる子もいのでしょうけども、大体が知的な部分に問題を抱えた重症心身障害児の方々でして、どうせ花火やったって何が楽しいか分からんだろうという気もしたんですが、保育士などの職員はそんなことを露ほども気にしない素振りで、努めて明るく楽しい花火の場を演出しておりました。

いやー、感動しましたね。職員が如何にも安物っぽい手持ち花火で40分とか50分とかいう時間を全力で盛り上げて場を繋ぐ、あの姿。どうせ患者は花火だけじゃなくてその事すら分からないだろうに。ただ、よく考えれば僕自身も同じだと反省させられました。一見単なる引き伸ばしのその生き方にどれだけの血と涙が流されてきたか、今一度考えながら来週の通院に臨もうかと思います。

11/20
Q.カードゲームやってる人っておかしい人が多いって本当ですか?

A.本当です。

気づいたら放送大学の通信課題の提出期間になっており、そっちの方を片付けなければと思っていたら、もうドラクエライバルズはどうでもよくなってやめました。いや、もうとっくにやめてましたよ。僕があんなHSの劣化コピーゲーに本気でハマるわけないじゃないですか。あの頃の僕はどうかしてた。でも、後悔するぐらいどうかしてた時間が楽しいんですよね。

11/19
皆さん、本日の千葉日報の県南面を見ましたか?
昨日の推進大会が取り上げられており、メインは話題のチバニアンに関連した元県立高校地学科教諭の方の講演についてでした。
これがですねえ、千葉日報としてはそう報じるより他にないのでしょうが、記事ではユーモラスで分かりやすい解説にさも会場内の誰もが心を奪われたかのように書いてありましたけれども、チバニアンの解説はほんの触りだけの皮相的なもので、専門的な話はほとんどなく、全体的に取り留めのない話に終止していた上に11時10分から12時までの予定を30分以上もオーバーするから、質疑応答の時間は会場内が空気を読んで誰も質問をしなかったぐらい会場は戸惑った雰囲気になっていたのが実際です。

おかげで我々は13時に取っていた店の予約時間に少々遅れることになりましたが、同じ目に遭った方も多かったことでしょう。
だからか、公演中に会場内では愚痴が漏れ聞こえるシーンもありましたけれども、でもね、マスコミの報道で伝わるものと現場の実際って相当違うものだということを考えさせられつつも、不器用な講演の中に元地学教師の情熱、そしてチバニアンをきっかけとして自分が携わってきた分野が注目されたことへの悦びが存分に伝わってきたのは、本当です。

11/18
青少年健全育成大会当日。
なでしこジャパン(日本代表)を目指すため、親元を離れて愛知から単身で市原に来てVONDS市原のレディースチーム入った中学生の女の子の話や、発達障害の弟を持つ女の子の主張など、ベタだし、これを採用した審査員側の思惑やいやらしさを考えると嫌悪感が湧いたけれど大変感動させられたのも事実です。

「大人が変われば子どもも変わる」という大会のコピーについては前に触れたような気がしますが、子どもは社会・大人の鏡であるとして、まず隗より始めよ、自分たちが変わることを主張している点に共感が出来ました。
しかし、どういう方向で大人に変わってほしいのでしょうね。テレビを見ない、スマホをいじらないとか、美容院を使わず床屋を使う大人になるとかしか僕には思いつかないのですが、今日の大会で集まっていた大人の多くが教育者だったことを考えることを、当たらずとも遠からずと云ったところなんじゃないかと思っています。

大会後は金四郎(茂原街道沿い)にある食堂で昼食会。
参加費1000円だったので定食ぐらいだろうと思っていたら、天ぷらや唐揚げなどのフライの盛り合わせや刺し身と餃子まで用意されており、更に好きなものを注文してOKな飲み放題・食べ放題だというのだから、驚きました。地区民ってよほど予算が余ってるんですね。

食べる方は元々がボリュームに定評のあるお店なので、最初から用意されていた分でだいぶお腹いっぱいになったから、ニラレバ単品を注文するぐらいでしたが、飲む方は生ビールを中ジョッキで2杯も頂いてしまいました。八幡屋とはまた違う大衆食堂の魅力を存分に満喫する素敵な時間を過ごすことが出来たものの、また数日後に忘年会が控えておりますから、血液検査がどうなるか怖くもありますね。

11/17
スカッとゴルフパンヤのサービスが終了したそうです。
僕も2008年ぐらいにちょっとだけプレイしていたことがあるので寂しく思いますが、よく持った方でしょう。
オンラインサービスはいつかこの日が来ますから。

パンヤはねえ、あの時間をかけて分度器や電卓を使うガチガチの計算プレイをした者が強者になれるというのが、どうしても肌に合わなかったです。
パンヤに限らずゴルフゲームのうまい下手ってつまるところ、距離・角度・風向き等からパワーを計算して如何に正確なショットをするかでしょうけど。
その辺はリアルのゴルフも変わらないのでしょうに、なぜゲームだと嫌ってしまうのでしょうか。
たぶん、自分は全て経験や感性でプレイしている一方で、他の人がツール使っているのが許せなかったのだと思う。エリカがどんなに可愛くても許せなかった。

でも、公式も電卓使用は禁止にしていましたからね。正確な計算出来ちゃったらあんなん押すだけゲーになっちゃいますもん。ただ、相手が計算しているかどうかなんてパソコンの向こうに座っているのが本当に美少女なのかそれともネカマのおっさんなのか真実はどちらなのかが永遠の謎であるように、電卓使っているかどうかなんて分かりゃしなかったですから、そのへんのどうしようもなさ、警察が機能しない世界のやるせなさに冷めたのだと思います。やっぱり、住む場所を選ぶのに治安は大事な要素ですよ。

11/16
昨日、職場から家まで走って帰りました。
約8kmで50分程度かかりましたが、アップダウンや背負っているリュックが3kg〜5kgぐらいはあったことを考えるとキロ6分なら上出来でしょうか。

本当に50分ぐらいで済むなら走っての通勤も考えるのですが、朝、職場に行く時は、弁当や飲み物などで荷物がかなりの重さになっているから、そのへんを完全に外注にする必要性まで考慮すると出費の関係でなかなかね……。

11/15
職場でごはん(糖質)の摂取量を制限しても、お腹が空いて空いてどうしようもなく、結局その分お菓子食べちゃうので、これからはしっかりとごはんを食べることにします。

ただ、生きるためにご飯食べるだけだとつまらないですから、とりあえずダイソーにてレンジ対応のプラスチック容器&カレー用スプーン、Amazonにてステンレス盆&クミンパウダー&インディアンカレー粉、ヤオコー(スーパー)にてナンと色々なレトルトカレー買ってみました。
少しカレーにこだってみようかなと。何事も楽しい時間はこだわりからですからね。カレーでファイトです。

11/14
リテラのウヨミシュランで星2つが付いていた我らが松野博一さんは圧勝でしたね。市原市、緑区共に松野さんが過半数の票を獲得しておりました。

ただ、若干ではあるものの緑区の方が市原市よりも岡島さんと櫛渕さんに入れた割合が高かったようです。これは何の差でしょう? 知性? 経済力? 創価学会率? 専門家の分析がどこかに転がってないかとネットで調べたんですが、見つからなかったので誰も千葉3区なんかに興味がないのかもしれないし、たぶん誤差の範囲内なんでしょう。

それにしても本当にどうしようもないですね、リテラって。

11/13
岡島一正さん、失礼ながら絶対落ちると思ってたけど、比例で当選してましたね。松野さんに比べてスタッフの顔つきを含め全体的な質の違いを感じたとか書かなくて良かったですわ。生まれる前から僕は岡島一正さんを応援してました。

立憲民主党と雨中の決起大会に駆けつけた僕達に足向けて寝られないでしょうと思いつつ、小沢一派なので期待してません。それでも僕は毎日何かお礼が入ってないかとポストの中を覗いています。この間、白鳩の株主総会の案内が来てたんですけど、含み損何とかなりませんか。

11/12
前回、帝京大学ちば総合医療センターに通院した時、1時間程度で駐車料金が100円でした。適用された患者割引がどれぐらいなのかわかりませんが、仮に1時間で100円と考えるとこの辺なら高すぎないと感じるギリギリラインの値段設定に思いますけども、これ割引が適用されてなかったらちょっと高めに思っちゃうかもなあ……。

大体、あの病院が位置するのは姉崎の外れもいいところで、周りに何もないのに通院や面会以外の用途で停める人間がどれだけいるんすかね。

11/11
昨日、国分寺台の業務スーパーで買い物をした帰りに近くにあったル プティット ジョワでクッキー1枚90円とプリン250円を購入しました。
僕の食べログアンテナによると市原市内では評判の洋菓子店ということで、確かにしっかりした香ばしさと口の中で広がるコクを楽しめるクッキーに、まるでカスタードクリームをそのまま詰めたのではないかというほど滑らかさのあるプリンはなかなかのクオリティで、素敵な時間を過ごす事が出来ました。

11/10
そういえば、今月の終わりに帝京大学ちば総合医療センターへの通院が入ってるんでした。
市町会長連合会の評議会やその後の懇親会(実質的な忘年会)やら、地区町会長会の役員会、町会内清掃、成人式の実行委員会と11月の末はいっぱい予定が入っていて何連休とるんだという状況になっています。

確か前の通院の時に、主治医がまた血液検査をすると言っていたので、1週間前に忘年会でアルコールを口にしちゃうとはいえ、休みを多くとるというのは良いことなのかもしれません。
ふふふ、治験に参加していた私にとって検査結果を良く見せるぐらいお手のものだということを見せてやりますよ。水をね、多く飲むといいらしいです。本当かどうかはわかりません。

今回は臓器な何かのチェックも行うという話があったように記憶しているのですけれど、なんとそれをタダで受けることが出来るようなんです。

市原の秘境に0割負担の保険医療ならぬフリーランチ医療が存在していた。

なに、どういうこと? この国の医療はそういうシステムが許されるのかしら。
どうせなら自分の歯に詰めているハイブリッドセラミックもタダにしてほしいところです。

11/9
なんのために職場に行っているかといえば、ドラクエをやるためです。
でも、もう飽きてきた。仕方ないとはいえ、カード揃ってないと遅いデッキはどうにもならん。
このゲーム、中盤からは終盤はしょうもないレジェの打ち合いメンコだから。

11/8
ドラクエのお詫びレジェでわたぼうを引き、アンルシアもクラフト出来ました。なんでアンルシアがヒーローじゃないんでしょうね。ちまちまカード集めながらやってたら月末レジェぐらいにはなれるかもしれません。TESLは未だに日本からじゃスマホ版出来ないのがなあ。

11/7
体脂肪を減らすためにごはん(白米)とグラノーラを同時に食べるのはやめようと思います。

11/6
太正桜に苦情の嵐。
根本的には程度の低さ、人間の質に対するクレームだからどうにもならないと思う。

11/5
今年もこの時がやってきました。銃器と猟犬による有害獣(イノシシ)駆除の実施。
トランプ大統領が来ている関係で銃の管理をしっかりするように県警から通達が来ていると朝礼にありましたが、トランプさんならきっと銃の管理を厳しくしすぎるのは自由にとって脅威であるぐらい言ってくれるんじゃないかな。銃が人を殺すのではなく、人が人を殺すのですものね?

僕は昨年と同様、ほとんど人も車も通らないところでポツンと立ち会いという名の交通誘導員もどきやってたんですが、今年はドラクエライバルズを猿のようにプレイしていたらあっという間に終了の時間となっていました。

僕の人生の象徴みたいなこの時間で猪駆除は一頭に成功したそうです。
猟友会の人によると、山が荒れ果てていて猪の寝屋がどこにあるかよく分からないから成果が上がらないんだとか。

取れた猪の肉は食べるのかなあと思ってたら静岡(西伊豆)あたりの海沿いの猪と比べると食べているものなど環境が大きく違うせいか、この辺の猪は硬くて食えたもんじゃないから犬の餌にするぐらいしか用途がないんだそうです。

11/4
この間辞めた嫌われ者、清掃にも断られたぐらいだからもう行くとこないんだろうけれど、本人は齢70にして再就職を目指すそうです。
まだ未練がましく恨みごと言ってるみたいですけど、それだけここが居心地良かったということで、なんだか総務や看護部の人たちを喜ばせ、俺たちだけが振り回されるというしょうもない話になりそう。
本人が言うには自分と配偶者だけが食っていく分には別に働かなくても良いのものの、自分達が死んだ後に一人残されてしまう息子さんのために働くんだとか。いやはや、泣ける話ですし、身につまされますね。

これもまた社会の縮図のようでもありますが、子が親のために労働を制限され汗と涙を流し続けるのと、親が子どものために死ぬまで働き続けなくてはいけないのは果たしてどちらが残酷な話なのでしょう。

11/3
ドラゴンクエストライバルズ、リセマラなしのマリベル・やまたのおろち・りゅうおう・キングレオ(プレミアム)でスタートしました。

11/2
地区民会議長に推進大会に参加する旨の連絡と支所長に三部会会議の後に行われる懇親会(忘年会)への参加連絡。

推進大会というのは市原市青少年健全育成推進大会のことで、名前だけ聞くと統一教会とか創価学会とかとやたら親和性が高そうなイベントに思えますけど、少年少女が友達について主張したりするというから、実際そんなものなのかもしれません。

大体、まともな感性してたら健全育成なんて言葉用いませんよ。
いや、僕の感性がまともじゃないんでしょうけども。
市原市民の皆さんだって推進大会のこと、知らなかったでしょ?

11月18日(土)10時より勤労会館で行われるみたいなので、興味がある方は自分の目で確認してみてください。入場は無料のようです。僕は大会後の昼食会にも出るので1000円払うことになりました。

11/1
月に1度の体重測定。体重は60.4kgで前月から−0.7kg、体脂肪率は15.9%で同−0.7%でした。

俺の身体はオートミールか鯖かパンガシウスか鶏のササミかチョコレート効果かレーズンかブロッコリーで出来ているというぐらい頑張ったつもりでしたけど、外食も多かったからなあ……。

10/31
嫌われ者、職場を去る。
僕もそんなに社会経験が豊富な方ではありませんが、その人についてはよくここにずっといられたな、大袈裟でもなく世の中全ての人に嫌われるために存在するんじゃないかというぐらい、酷いというか癖の強く、こんな人がいるんだとショックを受けたほどでした。

その嫌われ者がとうとう年貢を納めたわけですけれども、まあさ、総務から看護からありとあらゆるところから嫌われている存在であってもなくても、辞める時に花の一本も貰えないのが俺たちで、5月ぐらいに辞めた看護局長とはえらい違いなもんだ。

感謝されるどころか、むしろ蔑まれてすらいるんじゃないだろうか。
でも、多くの人がそういう何者でもない自分を受け入れている。その辛さに耐えてきたということは凄いことだから胸を張ってほしいと思う。
誰にでも出来るように見えて、案外とそうではないだろうから。

誰にも感謝されないあなたに敬意を。
嫌われ者に祝福あれだ。

10/30
計12時間の英語トレーニングで5500円の面接授業はたぶん巷に溢れている英語学校よりずっとお得ではないかと思うので来年も機会があれば積極的に受けてみようと考えています。
もっとも、英会話スクールの実際の授業の質がどんなものか僕にはわからないですし、それに放送大学の面接授業はたまの機会にしか用意されておりませんからね。

10/29
面接授業2日目。
台風接近に伴う大雨にも負けずお昼ごはんを食べに向かったのは昨日のカーキーズと同じく幕張では評判の煮込みカツカレーの店。
注文した煮込みカツカレー(780円)は豚の角煮のように煮込まれた肉をカツにしてあるのが特徴的でしたが、カレーのルーはレトルトでもありそうな陳腐な味だったのと、そのカレーと煮込みカツのコクが相殺されてしまっており、カツのボソボソとしたシーチキン的な食感だけがやたら浮く結果となっていたのが個人的には寂しかったです。

評判なんてアテにならないものですね。評判というか、食べログの点数なんですけど(しょーもな)。

10/28
面接授業、「英文法と実践的英語力の基礎」。
授業の内容はタイトル通り基礎レベルではあったものの、講師の発音レベルが素晴らしく、6時間ほどの授業は臨場感と共に自分の中へしっかりと吸収することが出来たのではないかと思います。
多くの方と同様、主体的に学ぶことが苦手な僕にはやっぱりスクーリングの方が効率的に勉強することが出来ますね。

お昼はキャンパスの近くに店を構える「カーキーズ」という評判の良いホットドッグ屋でサルサドッグを食べました。
ボリュームを考えると420円はちょっと高めにも思いましたけれど、表面が香ばしく焼かれたパンとそこに挟まれたジューシーなソーセージの組み合わせは至福の一時を提供してくれます。

これほどのクオリティなら、野球観戦のお供にしたいのにマリンとは逆方向だから訪れにくいことを残念に思う人も多いだろうし、マリンスタジアムの近くに店を出した方が繁盛しそうな気もするのですけど、どうなのでしょう。

10/27
TESL、今月はrampするSpellswordでレジェになれました。
これで心置き無く放送大学の面接授業に臨めます。
勝つ時はやたら時間がかかるのに負ける時はあっという間のデッキですけど、リディアを組み込んでおり、彼女の盾として頼りないところを存分に楽しめました。

10/26
28日と29日に放送大学にて英語の面接授業が予定されています。
持参するものに英和辞書と書いてあったんですが、スマホのアプリにインストールした英和辞書でも大丈夫なんでしょうか?
慌てて本棚探したんですけど、英語の辞書は見つかりませんでした。国語辞典と漢字辞典とコンパクト六法はあったんですけれども。

10/25
(たぶん)今年最後の歯医者。歯をクリーニングしてもらいました。
後は2〜3ヶ月おきぐらいに定期メンテナンスで来て頂ければとのことでした。
行く度に虫歯が見つかり、時間とお金がかかってしょうがないので今後はしっかりと歯のケアをしていこうと思います。皆様も歯を大切に。

一箇所まだ小学生か高校生ぐらいまでの頃から銀を詰めたままにしているところがありますけど、そこは来年歯医者に行った時に虫歯が見つからないようであれば、ハイブリッドセラミックか金にしてみようかなあ。

10/24
市民会館にて町会加入促進部会。
町会加入率算出の仕方などについて延々と議論しておりましたが、どこかの地区の支所長が小手先の話ばかりじゃないですかと苦言を呈して、ようやく実は見せ掛けの加入率の数字にこだわるよりも本当はどうすれば多くの人が入りたくなるような町会にしていくのかという話がしたかったという本音が漏れ聞こえる展開に。

そうなんですよねえ。僕も第一回の部会に臨むにあたって似たようなこと書いた記憶が存在するんですが、その上で天邪鬼のように言うと、形だけでも加入世帯を増やして町会費をより多くの世帯から集める狡い議論、テクニックの話はやはり重要でしょう。この高齢化社会、人口減少時代にあって、我々は社会福祉協議会から何かにつけて寄附のお願いをされているわけです。お金さえあれば福祉の活動も地域の活動ももう少し余裕が出てくるというのが現実だと思いますけれども 問題があるとすれば、そこの議論をオブラートに包んで誤魔化そうとするあまり、地に足がついていないフワフワしたものになってしまっていることでしょうか。逆説的には、じゃあお金があった時代に多くの人に受け入れられる豊かな地域活動、優れた自治が出来ていたのかという話でもありそうですが。

追い込まれた状況だからこそ、本気で改革をするチャンスとも云えるのかもしれませんね。

10/23
朝になれば雨は上がるという予報を信じたのと選挙結果を追っかけたかったので結局前泊はしませんでした。
折角の機会なので霊安室で寝てみようかと思っていたのですが、どうやら何か不思議な力によって拒絶されたようです。
これが最初で最後の機会だったかもしれないと考えるともったいなく感じる気持ちもあるのですけれども、もうあの時間は戻ってきませんから、今はもうあの場に存在する神秘的なものや、神秘的なものが存在した厳かな場であって欲しいという人の気持ちを尊重できたと誇りに思うこととしましょう。

10/22
超大型台風接近により職場に前泊する僕。
1ヶ月ぶり2回目。

10/21
でも、僕が一言も話さずにいたのも含めて、町会長会の役員達は概ね脇役に徹することが出来ていたのは素晴らしかったです。,br> それがなかなか出来ていたなかったのが会長で、ちょっと興醒めな部分が見受けられたものの、もっともそれが許されるだけの準備をしてきたという自負の現れでしょうし、実際よくぞあれだけスマートに会議の進行をやってのけてくれました。

10/20
市長との未来創生ミーティング当日。
昨年に比べると席の状態が寂しいという印象もなかったので、町会長の出席率は良かったんじゃないでしょうか。
意見交換もやや教科書然としている部分が目立ったとはいえ、間が持たないシーンなどは存在せず、それなりに白熱したものを演出することが出来ていたところに会長の苦心が伺えました。
ただ、去年に比べるとワクワクするものもそれほどなく、凡庸で窮屈な内容に連合会長始め、ゲストの方々はもしかしたらがっかりされたかもしれません。

本気で我々の地区の未来のことを考えると、市民の目線に寄り添わない町会長の立場からのみの意見交換で60〜80点目指したものに果たしてどれだけ意味があるのかと疑問ではあります。

10/19
気がつけば明日は市長との未来創生ミーティング。
役員会では相当念入りに会の次第について打ち合わせを行っておりましたが、こういうのは台本も大切だけど、結局のところ、他の町会長達をどれだけ話し合いに引き込めるかという司会進行役と市長のファシリテーターとしてのセンスや能力次第でしょうから、僕は何の何の準備もせずに本番に臨みます。言い訳でした。

10/18
でも、小出さんの時の決起大会にも岡島一正さん来てなかったような気がするからなあ。いや、どうだっただろう。
あの時は、岡島さん、国政を完全に諦めたか負け運を移すと困るからゲンを担いで応援団の中で前面に立つのを自粛したんじゃないかなどと考えを巡らせた記憶があるんですよね。

10/17
ユニモにあるいきなりステーキでは座って食べることが出来るそうです。

10/16
昨日は神社の祭礼でした。僕は町会からのお金を持参してすぐ帰ったんですが、一応雨の中でも軽トラックにみこしを載せて移動しながら無事に祭りを終えたそうです。
しかし、トラックにみこしを載せるとはうまいこと考えましたよね。これなら高齢化や担ぎ手の減少にも対応できると感服いたしました。掛け声もスピーカーからテープのものを出せれば完璧ですね。

10/15
言いたいところなんですが、市原市長は小池百合子さんと違って市政を疎かにすることはないというアピールであるのかもしれません。
千葉3区では希望の党からの立候補者も出ているとのことですけれども、自民・立憲に比べて市内での存在感は薄く、落下傘の難しさを感じさせます。

10/14
岡島さんについては申し訳ないけれど、どうせ当選しないだろうに、何が悲しくてあの雨の中、決起大会に参加しなきゃならんのだろうとも思いましたが、あれはあれで良いものが見られましたし、なかなか楽しませて頂きました。

そういえば我らが市原市長である小出譲治さんは公務のためと言い訳して会場には来られなかったようです。おいおい、お前自分の選挙の時のことをもう忘れたのかよ。果たして2年後の選挙であそこに座っていた人間のどれだけが、小出市長の続投を望むのでしょう。
あなたにとってこの市原市で非自民の人間を国政の場に送り出す以上に大切な事があるのかと問いたい。

10/13
市民会館にて岡島一正さんの総決起大会。
劣勢の状況下で仕方ないとはいえ、やや寂しい会場には白真勲、国会のクイズ王・小西洋之、青木愛さんらが応援として来られていました。
自分が所属する地区町会長会からは、僕ぐらいしか行ってなかったんじゃないかなあ。
商店会や商工会絡みの人たちは結構行っていたようで、岡島さんとの繋がりの深さや義理堅さが伺えました。

10/12
障害や様々な問題を抱える人達を社会に参画させるための施設が、高いレベルのサービスを維持するため、嫌われ者を排除しなければならないという現実。
受け皿は一体どこにあるんだろう。

10/11
成人式実行委員会についての案内が届いてました。
去年は来てなかったので、どうやら町会長会の役員になると手伝いがあるようです。
大したことは出来ないし、させられないと思いますが、実は僕、自分の成人式にも出なかったんですよね。
手伝いに来るような方は恐らく自身も若い頃に一張羅を羽織って成人式に出た方ばかりでしょう。
その中で、僕のような人間が参加していいのかなという不安もありますが、考えれば、今更何を言わんやですし、成人式に出なかった方、出られなかった存在に想いを馳せながら、ぼんやり式の手伝いをやっているのが一人ぐらいいても良いと思うことにします。
成人式に出る人だけが成人するわけじゃないですし、成人式に出てこない「大人」にも向けた成人式というのも趣があって一興と、何より自分自身が楽しめれる時間となればいいんですけれども。

10/10
夏のような暑さの中、誉田のパチンコ屋跡にて松野博一さんの出陣式。
日陰もろくにない屋外だったから何人か熱中症でダウンする方が出るんじゃないかと心配になりながら突っ立っていましたよ。
来賓の方が聞いたこともない緑区選出議員の方だらけで市原市民としては肩身の狭い思いをしたことも含め、なかなかハードな時間となりました。
あんな思いをさせられたんだから、当選した暁には10万円ぐらいポンと送ってもらいたいものです。

10/9
春の県知事選の時も話が来ていた選挙の立ち会い、今度の衆院選でもやってもらいたいという依頼の電話が1週間ぐらい前の留守電に入ってた件について、この間の体育祭の前日準備の時に、支所の方から担当まで返信入れてもらえるようお願いされたので早急に電話差し上げようと思うのですが、今日は祝日でした。明日まで覚えてられるかどうか不安です。安倍さん、なんで22日を投開票にしたんですか。でも、6時から20時まで拘束はちょっとなあ。これで1万円ちょっとだそうです。手当同じの半日交代でなんとかならないものでしょうか。僕はどのみち仕事で、仕事がなかったとしても町会長会役員として福祉バザーに行かないといけませんから、結局行けないという断りを入れるんですけど。

10/8
2年連続で延期されていた体育祭、今年は天気も良く、予定通りに行われたそうです。
僕は行きませんでした。町会として参加しないのに町会長が行くとは如何なものか。いや、手伝いに行けよ。ごもっともなんですが、うちの町会からは協力員として代表を出してますから、僕みたいな役立たずが行くこともないでしょうと安心しながら家で寝ちゃってました。任せる町会運営がモットーです。

夜、ランニングでグラウンドの近くを通過しましたが、ガランとして静寂に包まれたグラウンドは前日に準備をし、つい数時間前まで多くの人で賑わう体育祭があったとは思えないほどでした。あの場に参加した人だけが共有できた熱量は如何ほどのものだったのか。それを知る由もないというのが、僕への罰として適当なのではないかと、夢の跡となったグラウンドで思うのでした。

10/7
前日夜から降っていた強い雨は、本日昼の時点では止み、体育祭の準備を無事に行うことが出来ました。

10/6
それでも今年は町会としての体育祭参加を見送ってますから、当日行かなくても良いのは助かります。
ごめんなさい。やっぱり僕は子どもの頃から一貫して体育祭や運動会の類いが嫌いなままでした。日本の教育制度を恨んでください。こんな僕でも親になろうものなら、子どもの運動会に朝一で乗り込み、はしゃぎながらビデオカメラ構えちゃうんですかね。

体育振興会も商工会の祭りみたいに、雨が降ろうが槍が降ろうが中止にはせず、予定通りにやり抜くといったクレイジーさがあるなら少しはついていこうという気にもなるのですが。

10/5
明後日の町内会定例役員に向けての資料作り。
その日の昼は市民体育祭の前日準備も予定されているんだけれど、天気予報だと午前いっぱいまで雨みたい。
予報通りなら、3年連続で体育祭が延期される可能性も。これがねえ、町会長は3連休全部潰れることになるし、他の役員にしたって2日も拘束されるのは厳しいんですよ。
ここを雨天時は学校や公民館の体育館などの屋内会場を使用するといったスマートな開催方法に出来れば、今は不参加の町会もいくつか体育祭に戻ってくるのではないでしょうか。
と、去年も同じようなこと書いた記憶があるけれど、今年も去年と同じように憂鬱な気持ちになりながら、体育祭前日を迎えるのでした。

10/4
歯医者さん。保険が効かない白いの詰めました。
これで終わりかと思いきや、検査と歯石取りのためにまだ通う予定です。

10/3
気がつけば、政治家が開くパーティ会場の隅っこの方に立って日本酒とビールをちびちびやってるんですから、僕も老けましたよ。

10/2
五井グランドホテルにて菊岡多鶴子さんの市議会議長就任祝賀会。会費5000円也。役員会では政治絡みということもあって、欠席を表明する人が多かったんですが、行ってみたら半分ぐらいの町会長は来てたでしょうか。

僕だって行ってもしょうがないんだけど、八幡屋さんが後援会長で開くわけだから、5000円払って5000円の料理もないだろうと存分に食べ倒すつもりで行ってみたら、立食形式のパーティで料理はあっという間に空となり、その後は全くサーブされませんでした。これが立食です。世間知らずな僕はそうとは知らずに食べ放題かと思ってがっくり肩を落とす羽目に。
結局、料理に群がる人だかりがある程度捌けてからでは、刺し身を数切れとフライドポテトをいくつか摘まむぐらいしか出来ませんでした。おいおいおい、大体、スタートの時点で皿に盛れるだけ盛ってテーブルのメンバーでシェアして食べているグループも存在したし、市原市でこういうパーティやったってマナーも何もあったもんじゃありませんね。5000円じゃ政治資金パーティとはいえないんだろうけどさあ。

僕は今日のために3000円の青いネクタイまで用意したっていうのに。僕にとっての3000円って、皆さんにとっての30万円ぐらいのもんですよ。

10/1
月に1度の体重測定。体重は61.1kgで前月から−0.3kg、体脂肪率は16.6%で同−0.2%でした。
昨日の中華料理の影響で未だに胸焼けがするんですが、これはどの程度数値に反映されているんでしょうか。
それなりに食事と運動には気を使ったつもりでも、よく考えてみればちょこちょこ外食があったし、八幡屋での宴会でも飲みすぎていたりするのでこの程度の減少幅が妥当なのかもしれません。

9/30
体重測定が控えているのに千葉の新宿の方にある崑崙山飯店という中華料理店に知人と入って一人2000円分ぐらい食べちゃいました。僕はご飯物に麻婆丼をチョイス、後は豚肉とニンニクの芽炒め、ネギチャーシュー、小籠包などをシェアしながら食べましたが、中華料理は塩と油をどれだけ効かせるかがポイントだということをたっぷり堪能することが出来ました。
麻婆丼はメニューでは辛さマックスと表示されていましたものの、食べてみるとそうでもなかったです。胡同(おゆみ野)の麻婆豆腐の方が蒙古タンメンまではいかなくてもそれに近い辛さがあったような気がしますし、風味も胡同の方が良かったような。個人の好みでしょうけど、僕は全体的に味が上品で本格チックを感じさせる胡同の方が好みでした。崑崙山飯店は味もそうだし、店を切り盛りする中国人夫婦2組による中国語が喧しい程に飛び交う店内の雰囲気も含め、良くも悪くも大衆中華料理店っぽかったです。

9/29
この間安かったのでネット通販のチノパンを2本買ったんですが、いやにズボンがピチピチだと思ったら、これはスキニーといって体のシルエットを見せるためのパンツなんだそうです。へー。
ユニクロに着ていく服がないタイプの僕としては、そういう難解なファッション用語については前もって平易な言葉で説明してもらわないと困るのですが、もう買っちゃったものはしょうがないので履くしかない。しかし、お尻周りがやっぱりきついなあ……。
大体、中年のおっさんがこういうの着ておかしく見えないものなのでしょうか?

9/28
TESL、駆け込みレジェ。
今月はrampしないSpellswordで頑張りました。ひたすら厄介なクリーチャーをスイートロールかマミーに変えつつ、相手のデッキからカード盗んで耐える僕にぴったりのデッキです。あまりにも1戦が長いので、ネットや動画見ながらだらだら回してました。レジェに上がるまでに何回相手をデッキ切れに追い込んだことでしょう。

ランク1の終盤ではMageとばかり当たりましたが、ほぼ勝たせて頂きました。俺のデッキはmageを狩るために存在する。ただし、Archerは勘弁して。
Atromancerが10コスになった影響はやはり大きなものでしたね。
それに比べればSoul Tear3コスは地味で、精々マンティコラが出しにくくなるかなというぐらいでは。
Giant Bat使うScoutとかで対顔面マンとの戦いに於いて影響大きいのかもしれないけれど……。

9/27
この前の職場の防災訓練でWoWSのコピペ思い出した。
WOWSは12vs12で対戦するゲームだが・・・・
この12人はそれぞれ、実力が違う・・・・
経験、仲間、好みのプレイスタイル、乗ってきた艦種のバランス・・・・
Wikiなどを熟読し、上手な者の動画で学ぶ、勤勉な者もいれば
何も考えず、ただお船を浮かべて悦に入っている者もいる・・・・

平均的な腕前の者の戦力が1として
これがいざランダムで12人集まっても、戦力12にはならない・・・・
上手な者はせいぜい1.2や1.4だが、下手な者は0.5どころではない
敵にダメージを与えることもできず、ただ撃たれて終わり・・・・
いいとこ戦力0.2程度だ

つまり上手なものが2〜3名チームに混じっていても、他の者が下手であれば、戦力12には程遠く
逆に平均的な腕前の者ばかりでも、致命的に下手なものが少なければ、より戦力12に近付く

忘れるなッッ・・・・! WOWSは上手な者が勝つゲームではないッッ・・・・!
下手な者と組まなかったチームが勝つゲームだ!!

9/26
歯医者さん。予約時間まで余裕あったのでユニモの中を少し歩いてたら既にフードコートにペッパーランチがあるにも関わらず、「いきなりステーキ」がオープンしていました。ここまで来るならフードコートにあるペッパーランチにもいきなりステーキのメニューを置いてほしいところではありますが、難しいのでしょうか。ショッピングモール内で立ち食いってのも辛いですからね。

9/25
昨年と同様に市長や菊岡さんが「女性の方が男性に比べ、色々な場へと積極的に参加をしていて長生きだ。女性は強し」というようなちょっとおっかない話を参加者の半分以上を男性が占めるのではないかという敬老会会場でしていました。
僕としては単純に女性の方が小柄であるとか体の構造の問題じゃないのと思っているんですが、一見センスのないような話に聞こえるようで、お前らもっと外へ出て医療費削減に貢献しろよというポジショントークをあえてしてみせた政治家の勇気を讃えるべきなのかもしれません。

これが生殖機能なんかを絡ませた話になるとすごい批判が起きるんでしょうけど、二人とも一応はリベラルの看板を立てていますから、石原さんのババア発言的なものへのアンチテーゼも含んでいるということなのかもしれません。

9/24
市原市最後の敬老会
いいねえ、市長が出てきた時、ちょっと会場の反応が冷たかった気がしました。皆さん、あの人が元凶ですからね。僕も敬老会のあり方は問題だと言ってきたクチですけど。
昨年と同様、会場に来ていた敬老対象者(75歳以上)は杖や車椅子に頼らずに歩くことが出来る元気な方ばかりでした。これを来年度以降は足の不自由な方でも参加できるようなイベントのあり方にしていくようなのですが、それってよく考えたら受け入れるほうが大変で、もしかしたら町会長の負担はもっと大きくなるかもしれませんが、個人的には今の敬老会よりも近場でちょっと豪華な食事を出して歓談メインのイベントにした方が良いのではないかと思います。

9/23
敬老会設営準備という名の椅子並べ。

9/22
職場の防災訓練は法で義務付けられているものだからしょうがなくやっている感がありありというか、如何に総務が医療従事者に馬鹿にされているのかがよく分かった行事で、町会長会の方がだいぶマシに映るほどでした。しかし、覇気のなかった医療従事者や設備も有事の際にはきっちり動いてくれるのでしょう。たぶん、きっと。要するに普段机に座っている人間がどう動くかの確認になっていて、確かに僕も訓練中、やる気のない医療従事者以上に彼らへの不安を覚えました。そんな僕はほとんど外で休んでたんですけど。一番馬鹿にされているのはお前らだろうって? 返す言葉もございません。

9/21
19日は八幡屋で市民まつりの慰労会が行われました。会費4000円。飲み放題と寿司・天ぷらまでは春に行われた町会長会の懇親会(会費6000円)と同じですが、今回はこれにミニうな重まで付いてきましたから、さすが市津商店会様(八幡屋)主催といえるほどのお得感がありますね。

決算報告によると50万円が赤字となり、商店会(八幡屋だろうけど)から補填された金額が昨年度の30万より増えたそうですが、これは町内会や企業からの協賛金(寄附金)が減った影響が大きく、来年度からは今まで協賛金を頂いていなかった地元の工場関係などに対してもお願いに回るなどして収入増を努めるとのことでした。

協賛金が減った原因は不景気だからではないかという話でしたが、町会と企業関係、それぞれがどのぐらい昨年比で減っているのか自分には具体亭な数字は分からないことを前置きして言うと、町会も単純に世帯数の減少や高齢化の影響だけに限らず、今年は会場集合ではなくて駐車場に直で集合したのと、前日設営の時などに商店会側と少し揉めたことが影響している面もあるのかもしれません。

いずれにせよ、今の市民まつりは持続可能なモデルじゃないんですよね。八幡屋など商店会・商工会の一部の存在の大変な尽力によって、現在では市原市内の地区市民まつりで花火を打ち上げることが出来るのはうちの地区だけとなった大きなイベントの維持が叶っている。今の八幡屋のご主人や商工会の支部長が亡くなったら、とてもじゃないけれどこの規模のお祭りは出来ないでしょう。でも、それが専制になって現れていませんか、これだけ地区の町会が馬鹿にされた市民まつりも市内では存在しないのではないかという疑問が投げかけられたのが今年のお祭りでありました。

9/20
正直いうと、うちのセクションでは外部からやってきたばかりである副部長のFさんの評判は芳しくありません。それはもしかしたら他の部署でもそうなのかもしれず、でも僕は一番気遣いが出来る方で知性と色気があると思っていて、そのギャップを勝手に不憫と思っているいやらしさもあるのでしょう。
でも、僕はFさんが看護師ではなく、医師だったら主治医にお願いしたいぐらい素敵だと思うけどなあ。思うけど、結局、よく知らない方だからそんな風に捉えることが出来るのかもしれないしね。でも、僕がそう考える人ってなかなかいませんよ。うん。Fさんが、将に将たる器であることを願っております。

9/19
どうして前泊なんてしたんだろうと考えたんですが、たぶん、この数日前の深夜1時、副看護部長のFさんが帰り際に「あれ、朝もいたよね?」と声をかけてくれて「朝までなんです」と答えたら「えー、そうなんだ。」と驚いてみせつつもすぐに「私も似たようなもんだけどね」と少し寂しそうな表情をしたのと、それに対して僕の口からは頑張れとも頑張るなともとても言うことが出来ず、そもそもああいう時人は何と言って欲しいものなのだろうという疑問がどうしても心に引っかかっていたからなのかもしれません。

ただ「お疲れ様です」というあの短い挨拶で十分だったと思うのだけれど、それから2日ぐらい経ってFさんが当直明けの夕方にすごく草臥れた様子で会議に向う姿も目に焼き付いて離れず、気づいたら何故か前泊してました。
実際は、当直・夜勤明けの看護師なんて却って化粧がバッチリ決まっているという印象だった自分には新鮮に映っただけというオチだったりして。

9/18
台風に備えて職場に前泊しました。
台風は結局大したことありませんでした。

9/17
久々の割にはだいぶ走れたと思ったんですけど、太ももとからふくらはぎにかけて翌日はしっかりと筋肉痛に悩まされました。

9/16
だいぶ涼しくなってきたこともあり、昨日から夏の間は中断していた10km走を再開しました。

9/15
台風は回避できるか分からないけれど、職場の防災訓練会議はなんとか回避することが出来ました。

9/14
この前、帝京さんへ通院した時、いつものように福太郎へ薬貰いに行ったら、いつもと違う女性の薬剤師から、「脳梗塞なのに脳神経外科ではなく、神経内科なんですか? 珍しいなと思って」と言われたんですが、そうなの?
それともかかりつけ薬局とかの絡みとかで、何か患者さんとお話しないといけないから適当なこと喋ってみたとかなの? なの?
自分の職場にも若い神経内科医の方がいるけど、脳卒中専門医持ってるみたいだし……。でも、もしかしたら薬剤師さんの言うとおり、脳神経外科の方がおすすめなのかもしれん。わからん。

9/13
歯医者さん。
虫歯の治療は無事終わったけれど、数日前、アーモンドか鴨川土産のえびせんあたりを食べている時に歯に詰めているものが取れて穴が開いた感触がするようになったので相談してみたら、以前挿れたハイブリッドセラミックが欠けてしまっており、あくまで白のインレーにこだわるならまた型取りからやって新しいものを作ることになるそうです。安い買い物でもないので、少し迷いましたが、今回も一応ハイブリッドセラミックでお願いしました。これでまた割れるようなら、金を入れることを考えてみましょうとのこと。

出費も痛いのですが、硬いものを食べるのに心理的抵抗が出来てしまったことの方がより辛いところです。僕はお爺ちゃんですか。2ヶ月も経てば忘れてるんでしょうけど。

9/12
放送大学の面接授業(英語)、抽選に受かってました。倍率どれぐらいだったんだろう。こういうの、1年生ということで優先して入れるように下駄を履かせてもらった可能性もあるのかなあ。

放送(通信)授業の分と合わせて9/8に授業料を振り込んだのでそろそろ教科書が届くはずなんですが、しかし、後期が始まる2週間前とか1週間前に教科書届けられるのは社会人がメインの放送大学生だと予習に割く時間を折角の8月と9月にほとんど使えなくて口惜しいと思っている人は多いと思うんですよね。なんとか放送授業の分の教科書についてはもう少し早く届けてもらえる出来ないものでしょうか。

一応、センターに行けば教科書だけ販売だけしてもらえるみたいなんですが、ちょっと経ってまた同じ教科書届けられても困りますし……。

9/11
この間呼び出されて会議に出てみたら、そこは看護副部長兼医療安全管理室長の独壇場で、それに負けじと看護局長もよく喋ってたけど、女ってだけでよく喋るのにその中でのし上がるにはここまでべらぼうに舌が回らないといけないのかと女の世界の厳しさを垣間見たような気がしました。自己主張に余念のない人間が上に行くという意味では、男も大して変わらないように思うとはいえ、どうもね。

会議に出たことで、前よりも周囲、特に看護副部長の僕を見る目がちょっとだけ優しくなった気がするのも含めて、果たして会議に出て良かったのかどうか。

9/10
看護副部長が医療安全管理室に行くって病院では左遷を意味するんですか?

9/9
誰か未来創生ミーティングの場で、「なるほど市長のおっしゃること、もっともだと頷きながらずっと聞いておりました。今後の防災、そして高齢化といった問題に対して我々が抱える不安を解消するのに家庭、そして地域の機能をますます充実させることが求められているところでしょう。さて昨今、政治家の不倫が問題として騒がれておりますけれども、小出市長は不倫についてどのように考えておりますか? また、不倫をしている政治家は職を辞するべきだと思いますか?」とか聞いてくんないかな。
毎年そうみたいだけど、日程的にはうちの地区が最後だし、それまで防災や高齢者の問題に対してうんざりするぐらい同じ質問と回答を繰り返してるんだろうから、こんぐらいのサプライズがあってもいいんじゃないの。俺たち、記者クラブじゃないんだからさあ。
それに、これからの市原市を引っ張っていく長として唐突なこの質問にしっかり答えることが出来るところと、またその質問を許すことが出来るぐらいの度量を見せてもらわなくちゃね。

9/8
町会長会役員会。前回の会議と同じくメインは10月の市長との未来創生ミーティングについて。
テーマや時間割、原稿も重要なのだろうけど、多くの一年生町会長から活発な意見を引き出すためには、やはり相手となる市長がどれだけ魅力的な回答をして話を膨らますことが出来るかにかかっているんじゃないでしょうか。
昨年はその点で僕は失望させられました。要するに、我々のレベルが低すぎて市長側との折り合いがつかなかっただけかもしれませんけど。

9/7
防災訓練の時、今回は全町会長に見てもらいたい重要な作業があるからとお役所様の仰せのままに市東中へ9時20分に参集したのはいいけれど、重要だという開錠作業が実際に見ても何やってるかよくわからないだけだったので、あれなら9時の防災無線に合わせて各町会で訓練やった後、10時30分の防災講話に合わせて集合でも全然構わないとは思いました。
ただ、この件が影響して例年より1時間早く行われた町会内訓練に対しては、涼しいし午前の用事と被りにくく参加しやすいと町会員からは概ね好い評価だったんですよね。

9/6
ほら吹きのムアイク風に云うと、僕には子供時代がなかったのかもしれないし、あるいはまだ子供時代なのかもしれない。

9/5
第3回町会加入促進部会、のはずなのに市民会館行ったら休館日だったので、日にち間違えたかなと思いつつ、市役所に行ってみたら間違えたのは会議の場所の方で、今回は国分寺公民館で行われるとのことでした。送られてきた文書きちんと確認してなくてごめんなさい。わざわざ案内してくれた市役所の職員の方、ありがとうございます。国分寺公民館は市役所から目と鼻の先にありました。

この日は三者協定について宅建協会の方々をおまねきしての意見交換。
やはり町会はあくまで任意団体であり、町会費も住民税などとは性質の違うものと考えると、オーナー次第であるとはいえ、最初からアパートやマンションの家賃に含めてしまうのは難しいとのことです。また、市原市におけるアパートはかなり空き室が多く、町会の加入促進に協力しようとするオーナーの物件に於いて実質的な家賃が高くなることは、他のアパート等と競争力の面でかなり不利になる部分が存在するシビアな現実についての理解を求められました。

その上で宅建協会側としては前向きに協力していきたいと言って頂けましたが、これは町会加入促進部会という話し合いの場の席に座る権利を得た時から分かっていなければならなかったとは云え、バランス感覚に「優れた宅建協会側の意見と相対化させることで、町会側の立場からすれば要するに何が何でもこの話し合いを通じて町会加入への圧力や強制力をドラスティックに高めていきたいという事が非常に分かりやすく明らかにされた話し合いになっており、そこまでして市原市民を町会に入れることが本当に魅力的な町づくりとやらへ繋がるのかと考えると、残念ながら僕は今回の意見交換の場では何も言えませんでしたが、かくいう僕も第1回の会議では三者協定に肯定的な意見を出したクチではあります。

いずれにせよ、アパートやマンションの町会空白地帯をどうするかについては実際に難しいテーマとして多くの町会の頭を悩ませており、町会側と町会に加入していない側との軋轢を緩衝する必要性を考えてもこういった部会を設けて話し合いを重ねていくことは重要なのでしょう。水晶の夜を起こさないために。

9/4
先日の市民まつりの時にそれほど仲が良かったわけではないというか、遊んだ記憶も話した記憶もほとんどない小中の頃の同級生の女の子のお父さんが手伝いに来ていてお話する機会があったのですが、その方が2日の防災訓練にも来てまして、軽く挨拶したら、娘が僕のことを今はどうなっているか気になっており、会いたがっており、今度食事でもどうかというお話がありました。社交辞令みたいなものとして受け流す一方で、外に出るのが怖くなったのは、僕が自意識過剰なロリコンのピーターパンで過去の記憶は麗しい形に整えて写真の世界にしまっておきたいタイプだからでしょうか。

たぶん、幻滅するよりも幻滅される方が怖いというのが本音だろうと考えつつも、こういうのは鏡になっているからやっぱり会わない方が賢明だと思うんですよね。ホイホイ出ていくと自分が自分じゃなくなりそうだし、出ていったら出ていったで壺のセールスに遭うか、そうでなくてもそれと五十歩百歩のことになるのでしょう? 何もないならまだマシであるというならば、最初から何も無かったことにして、僕にとっての彼女は僕の中の物語の世界でのみ生きていることにした方が幸福なのではないだろうか。

9/3
僕が若く見えるかどうかは角度によるんだろうぐらいに思ってますが、若く見えると云えば、救急車で運ばれた時に初めて見た僕の主治医もそれは20代前半ぐらいに見えたものですよ。
しかし、診察室で何ヶ月かおきに会いながら1年とか2年になると、化粧のノリとか疲れも影響しているのだろうとはいえ、40過ぎにも見える時があって、女性のそういう花の色はうつりにけりなの変化をずっと見続けるのはなかなか勇気がいるものだと考えさせられました。
年を重ねているのはお互い様ですし、所帯じみてきているのは幸せな証拠なのかもしれないのですけどね。

9/2
防災訓練。市東中は遠かったです。AEDと胸骨圧迫を実技で学ぶ応急救護のブースでは、胸骨圧迫をしながら、女性の消防団員か消防署職員に「学校でやってるかな」と聞かれたので「はい」と答えたら、「中学生?」、「もっといってます」、「じゃあ高校生だ」、「もうちょっといってます」、「えー」というやり取りを交わしてたら、周囲から「町会長だよ」「連合会の上の方だよ」という突っ込みが入って、笑いながら「これは失礼しました」と締める一幕もありましたが、何とか3時間以上に及ぶ市東中での訓練を終えることが出来ました。

行く前はわざわざ遠出する意味があるのかなと思ってましたが、行ってみると確かに毎年湿津中でやっている形だけの訓練よりも遥かに身になるものに工夫されていて、あなたが意欲的な学生ならばそれなりに楽しめるものになっています。関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。

このクオリティの訓練をほんの僅かな限られた町会員だけではなく、多くの市民が参加できるもっとオープンな場として催せるといいのですが。

9/1
月に1度の体重測定。体重は61.4kgで前月から+0.3kg、体脂肪率は16.8%で同+0.6%でした。
8月はイベントの手伝いや夜勤などでジュースとお菓子を遠慮なくパクパクと頂く機会が多かったです。我慢できませんでした。だって、暑かったんだもん。それと主食に惣菜パンや菓子パンをチョイスして量を多く取ったことが結構あったのも影響が大きいのかもしれません。

inserted by FC2 system